給湯器によくある症状やトラブル

給湯器王

メールでキュウトウキングにお問い合わせ
電話でキュウトウキングにお問い合わせ
給湯器によくある症状やトラブル

給湯器の寿命は、一般的に10年~15年前後といわれています。給湯器を長年使用していると、機器内部からの水漏れ・騒音・異臭などが発生してくることがあります。このような症状が出たら、給湯器の劣化や寿命を知らせるサインと思い、交換のタイミングと見ても良いかと思います。
ここでは、給湯器・風呂釜の故障原因や比較的よくある故障の症状を「水もお湯も出ない」「お湯が出ない」「不安定な湯温」「煙・異臭の発生」「異音の発生」「その他の症状」の『6つの項目』に分類してご案内しております。
現在、水漏れ・騒音・異臭などの給湯器のトラブルにお悩みの方は是非とも早期解決のご参考にしてください。 給湯器・風呂釜の寿命を延ばし、安心して長く使用していくための定期的なお手入れ・メンテナンスをお勧めいたします。

水もお湯も出ない

給湯器(ガス給湯器)、湯沸かし器(ガス瞬間湯沸かし器)から、水・お湯が出ないといったトラブルがある方へ。


  • 1ヶ所のみ出ない場合

    水栓の不具合が考えられるため、水栓の交換もしくは修理の必要性が考えられます。
    また、配管の不具合やバルブの故障、一部配管の凍結なども考えられます。

  • 複数箇所で水またはお湯が出ない場合

    下記のような原因が考えられます。

    • リモコンスイッチがONになっていない
    • 給水バルブが閉まっている
    • 給水配管が凍結している
    • 断水している

    ※給水配管が凍結している場合は、配管にお湯をかけるなど、配管内の凍結を解消することでお湯が出てくるケースがあります。
     その他、原因によって対処方法が変わります。

  • 熱湯が出ない、またはお湯がぬるい場合 ※一部の水栓のみ

    水栓金具の不具合が考えられますので、水栓金具の修理もしくは交換が必要です。

  • 熱湯が出ない、またはお湯がぬるい場合 ※すべての水栓で同様

    給湯器本体に何らかの不具合が考えられますので、給湯器本体の修理もしくは交換が必要です。

お湯が出ない

給湯器(ガス給湯器)、湯沸かし器(ガス瞬間湯沸かし器)の電源が入らない。また、燃焼しない(燃焼ランプが点灯しない)、点火しない、水がぬるいまま、水がお湯にならないといったトラブルがある方へ。


  • 普通に水は出るが、お湯が出ない場合 ※他のガス器具も使用不可

    下記のような原因が考えられます。

    • ガスの元栓が閉まっている → ガス栓を開いてください
    • ガス切れ(プロパンガスの場合) → ガス会社に連絡してガス容器を交換してください
    • ガスメーターが遮断している → ガスメーターの復帰操作を行ってください。
  • 少量の水は出るが、お湯が出ない。また、リモコンの燃焼ランプが点灯しない場合

    下記のような原因が考えられます。

    • 給水フィルターが詰まっている → フィルターを清掃してください
    • 水栓金具の不具合 → 水栓金具の修理や交換が必要です
    • 給水バルブや給水栓が充分に開いていない
  • 熱湯が出ない、またはお湯がぬるい場合 ※一部の水栓のみ

    水栓金具の不具合が考えられますので、水栓金具の修理もしくは交換が必要です。

  • 熱湯が出ない、またはお湯がぬるい場合 ※すべての水栓で同様

    給湯器本体に何らかの不具合が考えられますので、給湯器本体の修理もしくは交換が必要です。

不安定な湯温

給湯器(ガス給湯器)、湯沸かし器(ガス瞬間湯沸かし器)から出るお湯が極端に熱かったり冷たかったりと、お湯の温度が安定しないトラブルがある方へ。


  • お湯の温度が安定しない場合 ※1ヶ所の水栓のみ

    水栓金具の不具合が考えられますので、水栓金具の修理もしくは交換が必要です。

  • お湯の温度が安定しない場合 ※すべての水栓で同様

    給湯器本体に何らかの不具合が考えられますので、給湯器本体の修理もしくは交換が必要です。
    なお、リンナイ製品の機能「ゆらぎのシャワー」を使用中は、温度が上がったり下がったりしますので異常ではありません。

  • 設定温度の変更が出来ない場合

    優先切り替えの出来るリモコンの場合、操作中のリモコンが優先になっていないと設定温度の変更が出来ません。
    また、2004年以前に製造された機種の場合、ふろ設定温度のお湯が出る機種もあります。
    これらに該当しない場合、リモコンの不具合が考えられ、リモコンの修理もしくは交換が必要です。

煙・異臭の発生

給湯器(ガス給湯器)、湯沸かし器(ガス瞬間湯沸かし器)の使用中に、煙やガス臭などの異臭が発生する、追い炊きの臭いが気になる、といったトラブルがある方へ。


  • 黒い煙が出ている場合

    本体内部で不完全燃焼を起こし、熱効率も低下していますので、そのまま使用されるのは危険です。
    電源をOFFにしてスグに使用を中止してください。
    給湯器の修理か機器の交換が早急に必要になります。

  • 排気口や排気トップから白い煙が出ている場合

    排気ガスの中の水蒸気が、冬に吐く息のように白く見えることが考えられます。
    異常では無いと思われますが、状況によっては点検されることをお勧めします。

  • 給湯器を設置したばかりなのに臭いがする場合

    給湯器の取り付け時に使用した機械油が、燃焼したての熱に混ざって発生した異臭と考えられます。
    これは異常ではありませんが、同様の臭いがいつまでも継続するようでしたら点検をお勧めします。

  • 鼻を突くような酸っぱい臭いがする。また、排気口に顔を近づけると目がチカチカする場合

    給湯器本体の不具合が考えられますので、そのまま使用されるのは危険です。
    電源をOFFにしてスグに使用を中止してください。
    給湯器の修理か機器の交換が早急に必要になります。

  • ガス臭がする場合

    給湯器と配管との接続部や給湯機器内部のガス漏洩の可能性が考えられます。
    電源をOFFにして使用を中止し、念のため点検を受けてください。
    また、プロパンガス(LPガス)をご使用の場合、ガスの残量が少なくなった際にガス臭が漂う場合があります。
    これは異常ではありませんが、ご心配でしたらガス供給会社へ連絡してください。

異音の発生

給湯器(ガス給湯器)、湯沸かし器(ガス瞬間湯沸かし器)からモーター音や騒音等、異音が発生している方へ。


  • ピーという笛のような(ホラ貝を吹いた時のような)音がする場合

    ガスと空気のバランスが崩れている場合、ファンモーターという部品の不具合が考えられますので、修理もしくは機器の交換が必要になります。

  • 運転を中止しても、しばらくの間、ファンの回転音(ブーン)がする場合。また、運転スイッチのON・OFFや給湯栓の開閉後、しばらくするとモーターが動く音(クックックー)がする場合

    再使用時の点火をより早くするため、また、再使用時にお湯の温度を早く安定させるために機器が作動している音ですので、異常ではありません。
    通常、3~5分程度で止まります。
    もし時間が経過しても止まらない場合は点検をお勧めします。

  • ポンプの回転音(ウーン)がする場合

    追い焚き操作終了後、お湯を混ぜるためにポンプがしばらく作動していることがあります。
    また、ふろ予約時、予約時刻の前に残り湯のチェックのためにポンプが作動します。
    また、気温が下がると凍結予防のためにポンプが作動します。
    これらは異常ではありません。

  • 配管から共鳴音(キーン)がする場合。また、水栓金具を締めた時に配管内で共鳴音(キーン/ゴーン)がする場合

    ウォーターハンマー現象が起きていることが考えられます。
    チャッキ弁など、配管内の圧力低減装置を組み入れることによって症状が緩和される場合があります。

  • 蒸発音(ジュージュー)がする場合 ※屋外設置用の追い焚き専用風呂釜に現れる場合があります。

    燃焼ガスに含まれた水分が冷水が入った熱交換器に触れることで結露水が発生、この結露水が高温の遮熱板に付着した際に蒸発音が出ますが、これは異常ではありません。

  • 風呂釜などで釜鳴り音(ボコンボコン)がする場合

    循環パイプの勾配が不適切な場合に発生する場合があります。

  • 壁伝いに振動音がする場合

    給湯器作動中の振動が壁に伝わっていることが考えられます。
    この症状を軽減するには、防振金具の使用やパッキンを設置するなどの方法があります。

  • 点火時に小さな爆発音(ボン)が頻繁に発生して部屋がガス臭い状態になる場合

    給湯器が不完全燃焼を起こした際に生じる現象の可能性があります。
    ガス漏れの可能性もありますので電源をOFFにしてスグに使用を中止してください。
    給湯器の修理か機器の交換が早急に必要になります。

その他の症状

給湯器(ガス給湯器)、湯沸かし器(ガス瞬間湯沸かし器)の水漏れ・お風呂の追い焚きが出来ない(点火しない)、自動湯はりが作動しないなどのトラブルがある方へ。


  • 白く濁ったお湯が出る場合

    お湯の中に小さな気泡(空気)が混同していることで白く濁ります。
    水中に溶けている空気が加熱されるいことで圧力が上昇し、水栓出口で急に減圧され、元の気体に戻る現象から細かい泡状となり、白濁状態に見えますが、体に悪い影響を及ぼすものではありません。

  • 青い水やお湯が出る場合

    お湯に銅イオンが溶解して排出されることが原因と考えられます。
    健康に害はありませんが、症状がひどいようであれば、水道業者にご相談ください。
    なお、浴槽の色彩と光線の反射で、特にアイボリー系の浴槽は視覚的に浴槽のお湯が青く見えることがあります。

  • 追い焚きをしても設定温度にならない場合 ※浴槽内のお湯の上下で温度差がある

    循環金具のフィルターが詰まっていることが考えられますので、フィルター清掃によって、解消されると思います。

  • 追い焚きをしても設定温度にならない場合 ※循環金具のフィルターが詰まっていない

    循環金具が旧式の可能性があります。以前に採用されていた循環金具は、現在の循環金具に比べて内部抵抗が大きいケースがあり、うまくお湯が循環されず、設定温度まで到達しない温度調節の不具合が起きている可能性があり、循環金具を交換することで解消されると思います。
    なお、循環金具の交換が出来ない場合は、追い焚きをしている最中にお湯をかき混ぜることで解消されると思います。
    また、給湯器内部のポンプなどの部品不具合の可能性も考えられます。

  • 追い焚きをしても設定温度にならない場合 ※普段より異常に早く湧く

    循環金具のフィルターが正常に装着されていないことが考えられますので、フィルターを正しく装着することで解消されると思います。

  • 自動湯はりをする際に設定した湯量にならない場合 ※フルオートタイプ

    給湯器内に記憶されている水位の異常が考えられますので、一度水位をリセットしてみてください。
    それでも解消されない場合は、給湯器の不具合や故障が考えられますので、修理もしくは機器の交換が必要になります。

  • 自動湯はりをする際に設定した湯量にならない場合 ※オートタイプ

    元々、若干のバラツキがありますが、特に残り湯がある状態で自動湯はりをすると、設定湯量より多くお湯はりされます。

  • 黒色や白色の湯垢が頻繁に発生する場合

    硫黄を含む入浴剤の使用、または入浴剤の成分によっては、追い焚き中に成分が黒く変色するものがあり、湯垢として循環口より排出される場合がありますので入浴剤のご使用を止めてみることで解消されると思います。

  • 排気口のまわりが錆びている場合

    給湯器の排気には水分が含まれるため、排気口の周囲は酸化して錆びやすくなります。
    なお、エコジョーズタイプは、商品の性質上、排気温度が低いため排気が上昇しにくく滞留しやすいという特性がありますので、排気口近くに金属製の扉や壁、フェンスなどがある場合は、変色や錆を防ぐために排気方向を変更する部材を設置した方が良い場合があります。

  • 給湯器の中から水漏れしている場合

    給湯器内部の缶体もしくは配管接続部からの水漏れが考えられますので、修理もしくは機器の交換が必要になります。

  • お風呂の未使用時に浴槽の風呂循環アダプターからお湯が出る場合

    お湯を使うと機器内が温められ、配管内の残り水が風呂循環アダプターから吐出することがあります。
    これは凍結防止のために風呂用の循環ポンプが運転した際、風呂給湯機器本体内の残り水が吐出されるもので、故障ではありません。

    ※自動ふろ配管クリーン機能付きの給湯器の場合
     自動ふろ配管クリーン機能が起動すると、循環アダプターからお湯が出てきますので、その場合は故障ではありません。

  • シャワーの水圧が弱くなった、水の出が悪くなった場合

    台所や浴槽の水圧が特に弱くなっていなければ、シャワーに内蔵されているストレーナーに水垢やゴミが詰まっている可能性がありますので、一度お掃除してみることで解消されると思います。
    また、給湯全体の湯量が少ないようでしたら、給湯器の給水側にあるストレーナを清掃することで解消されると思います。

これらの症状やトラブルにないケースでお困りの方、他にも、マンションなどの集合住宅の給湯器設置場所によってどの給湯器が適しているのか、リンナイ・ノーリツなどの各メーカーごとの給湯器の取り付けや工事など、給湯器の修理・取り付け・交換・工事のスペシャリスト「キュウトウキング」まで、どんなことでもお気軽にご相談ください。