壁掛型給湯器

給湯器王

メールでキュウトウキングにお問い合わせ
電話でキュウトウキングにお問い合わせ
壁掛型給湯器

壁掛設置型のガス風呂給湯器(パロマ)

FH-244AWADL

FH-244AWADL
壁掛設置
屋外壁掛設置タイプ

ガスふろ給湯器 壁掛型

  • フルオート
  • ミュージックインターフォンリモコン
  • ボイスリモコン
  • Q機能
  • 浴室テレビ対応
  • 塩害対応
  • 水量サーボ
  • 自己診断機能
  • 壁面火災防止機能
  • グリーン購入法
  • 10
  • カタログダウンロード
  • メーカーウェブサイト

  • キュウトウキングPRICE
  • 50%OFF
  • 7年保証

24号ガスふろ給湯器 フルオートタイプ

  定価(税込) キュウトウキング価格(税込)
FH-244AWADL 357,480円 178,740円
マルチリモコン MFC-105 29,808円 14,904円
標準工事価格 別途 45,360円
合  計 387,288円 239,004円

 

その他のバリエーション(本体価格)

タイプ 設置方法 型式 定価(税込) キュウトウキング価格(税込)
20号フルオート 屋外壁掛設置 FH-204AWADL 327,240円 163,620円
16号フルオート 屋外壁掛設置 FH-164AWADL 300,240円 150,120円

※上記本体価格にリモコン代及び工事費を足したものが合計価格になります。

FH-244AWD

FH-244AWD
壁掛設置
屋外壁掛設置タイプ

ガスふろ給湯器 壁掛型

  • オート
  • ミュージックインターフォンリモコン
  • ボイスリモコン
  • Q機能
  • 浴室テレビ対応
  • 塩害対応
  • 水量サーボ
  • 自己診断機能
  • 壁面火災防止機能
  • グリーン購入法
  • 10
  • カタログダウンロード
  • メーカーウェブサイト

  • キュウトウキングPRICE
  • 50%OFF
  • 7年保証

24号ガスふろ給湯器 オートタイプ

  定価(税込) キュウトウキング価格(税込)
FH-244AWD 312,120円 156,060円
マルチリモコン MFC-105 29,808円 14,904円
標準工事価格 別途 45,360円
合  計 341,928円 216,324円

 

その他のバリエーション(本体価格)

タイプ 設置方法 型式 定価(税込) キュウトウキング価格(税込)
20号オート 屋外壁掛設置 FH-204AWD 284,040円 142,020円
16号オート 屋外壁掛設置 FH-164AWD 257,040円 128,520円

※上記本体価格にリモコン代及び工事費を足したものが合計価格になります。

リモコンについて

MFC-125AD(W)

MFC-125AD(W)

デザインタイプ

ミュージックインターフォンリモコン

定価 47,304円(税込)

キュウトウキング価格

23,652円

MFC-120AD

MFC-120AD

ミュージックインターフォンリモコン

定価 42,984円(税込)

キュウトウキング価格

21,492円

MFC-105D

MFC-105D

ボイス&インターフォンリモコン

定価 40,608円(税込)

キュウトウキング価格

20,304円

MFC-105

MFC-105

スタンダードリモコン

定価 29,808円(税込)

キュウトウキング価格

14,904円

フルオートとオートの違い

オートタイプ

「お湯はり」から「自動ストップ」までスイッチひとつ。一定時間の間、自動的に設定温度を保つ「自動保温」でいつでも温かいお風呂に入れます。

フルオートタイプ

オートタイプ同様、「お湯はり」から「自動ストップ」までスイッチひとつ。オートタイプと方式は違いますが、一定時間の間、自動的に設定温度を保つ「自動保温」でいつでも温かいお風呂に入れます。また、お湯の量が減った時には「足し湯」で自動的に湯量が増加します。さらに、自動配管クリーン機能が備わっており、排水時に追い焚き配管内を「自動洗浄」してくれます。

号数の違いについて

号数とは、1分間に水温+25℃のお湯を何リットル出せるかを示すものです。

例えば「16号」の場合、水温15℃時に40℃のお湯を16リットル出すことができます。また、「24号」の場合は、40度のお湯を24リットル出すことができます。つまり、号数が大きいほど大量のお湯を使用することができます。

パロマ独自の「面センサー」による壁面火災防止装置

火災の原因にもなりうる機器本体の異常過熱を、従来機器のような「点センサー」ではなく、本体全面をカバーする「面センサー」 でキャッチします。より素早く確実に、機器の異常をキャッチすることで事故を未然に防ぎます。