ガス給湯器(ガス湯沸器)の号数とは、水温+25度のお湯を1分間に何リットル出せるかを示すものです。例えば水温15℃の時16号の機種ですと40℃のお湯を16リットル出すことが出来ます。24号の機種ですと40℃のお湯を24リットル出すことが出来ます。従って号数が大きいほど豊富な湯量を確保できます。通常、42℃のお湯で普通のシャワーは毎分10リットル、勢いのあるシャワーは毎分15リットル、洗面所は毎分8リットル、台所は毎分6リットルを使用すると言われております。ご参考までに、出湯量を求める計算式について以下にご案内いたします。

 

下記の数値を参考に各種メーカーの給湯器の違いを比較し、ご自宅に合った最適な号数のガス給湯器をお選び下さい。

毎分出湯量=(号数×25)÷(湯温-水温)

よって仮に冬場で水温が5℃の場合、42℃のお湯を出すとなると…

  • 16号の場合  (16号×25)÷(42℃-5℃)=約10.81リットル
  • 20号の場合  (20号×25)÷(42℃-5℃)=約13.51リットル
  • 24号の場合  (24号×25)÷(42℃-5℃)=約16.22リットル

夏場で水温が20℃の場合、42℃のお湯を出すとなると…

  • 16号の場合  (16号×25)÷(42℃-20℃)=約18.18リットル
  • 20号の場合  (20号×25)÷(42℃-20℃)=約22.73リットル
  • 24号の場合  (24号×25)÷(42℃-20℃)=約27.27リットル

 

石油給湯器の給湯出力は、kW(kcal/h)という表示になります。1.16kW(1,000kcal/h)は1時間に1,000リットルの水を1℃上昇させるのに必要な熱量です。1500kcal/hがガス給湯器の1号にあたります。45kW(38,700kcal/h)なら号数でいうと24号相当の能力になる計算です。

水の冷たい冬場を基準に考えますと、浴室とお台所で同時にお湯をご使用になる場合であれば、24号の機器をお薦めいたします。

  • ※ただし集合住宅の場合、規約により号数アップが出来ないことがあります。号数アップをご希望の場合は、事前に管理組合等にご確認をいただければと存じます。(ガス配管の口径や給水配管の口径によっては、号数アップ出来ない場合があります。また、号数アップに伴いガスメーターの交換が必要な場合があります。)
  • ※上記能力は機器自体の能力を示すものになりますので、配管の口径や水圧によっては、上記の通りの湯量が出ない場合もあります。