機器の能力(号数)や機能(オート・フルオート等)が同じであれば、使い勝手は同じです。壁の強度、設置のスペース、排気の位置などを考慮してご検討ください。