現在お使いの浴槽の追焚循環口をご確認ください。浴槽の追焚循環口には、2穴式と1穴式があり、既存の機器が2穴式の場合は浴室隣接設置タイプ(2穴式)を、1穴式の場合は、設置フリータイプ(1穴式)をお選びください。なお、現在浴室隣接設置タイプ(2穴式)の機器をお使いで、近い将来、浴室のリフォームをお考えの場合は設置フリータイプ(1穴式)をお薦めします。最近 販売されているシステムバスでは浴室隣接設置タイプ(2穴式)の給湯器をつけられる商品が少なくなってきており、リフォームをする際、場合によっては給湯器を買い換えなければならないことがあります。また、浴室隣接設置タイプ(2穴式)と比較して設置フリータイプ(1穴式)は配管内に汚れがつきにくいといったメリットもあります。